Project

project

三樹会泌尿器科病院

DATA

業務設計・監理 竣工年2023年(予定)
発注者社会医療法人 三樹会 所在地札幌市白石区
構造鉄筋コンクリート造 地上5階 規模6,984 m²
概要泌尿器科、麻酔科80床 透析30床

POINT

三樹会泌尿器科病院は、昭和53年(1978年)に北海道で最初の泌尿器科専門病院として開設されました。開院後40年以上を経過し、施設の老朽化と狭わい化が著しくなったため現病院の向かい側敷地に移転新築する計画です。
施設は患者様にとって分かりやすい施設を第一に考えるとともに、スタッフにとっても働きやすい「人に優しい泌尿器科医療」を提供できる施設計画です。

計画建物は、外断熱工法や断熱サッシを採用することで建物の基本的性能を確保し省エネを計っています。また電気とガスによるヒートポンプでの空調の2重化し、非常用発電機を設置し災害時にも治療を維持できる計画としています。